お金は何処に?

今週は自分の財布の中から1000円札が2枚消えるという奇妙な出来事が起こった。この出来事に気付いたのは火曜日にスーパーに行ったときだ。レジに行く前にお金があるかどうか確認した。すると、財布の中身は自分が入っていると思っていた金額よりも少なかった。その時は、一瞬焦りました。緊急措置として貯めることを目的に入れといた500円を使いたくなかったが3枚使うことでレジでの精算ができました。
 私はもらったレシートをすべて置いているので家に帰ってから前の週のレシートを見て財布の中に本当に2000円があったか確かめた。最後に買い物を行ったときの記録から2000円は存在していたものと判明した。しかし家のどこを探しても消えた2000円は出てくることはありませんでした。使っていないはずなのにお金を紛失させてしまったのは、19年生きてきて、はじめての経験です。小さい子供なこのような経験があるかもしれないが、成人になろうとする人は普通私のような失敗するとは思えません。自分がなさけなく感じます。
 今回は2000円で済んだが、社会に出たらもっと大きなお金を扱う機会が増えるので今回の失敗を糧にお金をきちんと管理できるように常に細心の注意を払って生活していきたいです。
即日借入をする方法をネットで散々検索してました。すると銀行で借入をするのが一番の得策だとわかりました。
銀行の借入は低金利でできるんですよ。銀行の審査は難儀といった印象はありますが、銀行は銀行でもカードローンですし、収入があれば審査にビビる必要はありません。

カテゴリー: 未分類 | お金は何処に? はコメントを受け付けていません。

キャッシングの本質とは何?

今現在所持している以上の金額を、金融機関から借入することによって利用することのできるキャッシングなどのサービスは、実際に利用したことの無い人にはあまりわからないものですが、非常に便利なものであり、困ったときには絶対に利用したくなるサービスであるといわれています。しかし、キャッシングが便利なものであるということは、それに併せたリスクも存在しているということであり、結果的にキャッシングなどのサービスから借入を利用しないで資金を運用できることが最も理想的な資金の運用方法であることは間違いありません。キャッシングを利用して金融機関からの借入を受けることは、結果的に資金を上手に扱えていないということにつながるからです。
キャッシングの本質がどこにあるのかと問われれば、それは間違いなく金利にあるといえます。借入した以上の金額を返済することによって、キャッシングを行っている金融機関に対して支払うサービス料という役割を果たしていることにもなるほか、キャッシングを行っている金融機関側からすれば、機関を運用していくために欠かせない大事な収入源となります。その為、キャッシングなどによる借入と、利息の関係というものは非常に密接なものであり、無くてはならないものであることに間違いはありません。
その為キャッシングを利用するためには、その資金を借入するという行為が、後々自分にどのような影響を与えることになるのかまで、しっかりと計算した上で借入を依頼しなくてはならないものなのです。

カテゴリー: キャッシング | キャッシングの本質とは何? はコメントを受け付けていません。